シックハウス

シックハウス症候群と化学物質過敏症の違い

シックハウス症候群も問題ですが、化学物質過敏症というものにも同じような症状・問題が発生します。

一見同じような意味としてとらえられがちですが、実はだいぶ違いがあります。
シックハウス症候群は、住居内でなんらかの原因で空気が汚染されてしまった場合に、めまいや頭痛、のどの痛みなどの症状が表れ、「住宅由来の健康被害の総称」ともよく言われます。

一方化学物質過敏症は、なんらかの原因で空気が汚染されてしまった場合に、その化学物質がその人の許容量を超えたときに、めまいや頭痛、のどの痛みなどの症状が表れます。
ですがこちらは住居の限定ではなくあらゆる環境が対象であり、人によって化学物質に対する許容量は個人差があり、原因の追及が難しく、なかなか原因究明まで至っていないのが現状です。

どちらにせよ、日常の生活に大きな支障をきたす場合が多く見られ、特に長時間住居内で過ごしている主婦層に多く見られます。
あらわれる症状
ページトップへ

住宅内の原因物質

シックハウス症候群の感染原因の一つとして、揮発性有機化合物が一般的によく言われます。
これは建物の建設、家具製造等に使用される接着剤や塗料などに含まれる有機溶剤、また木材をシロアリなどといった生物から守るために使用される防腐剤等から発生すると言われています。

厚生労働省は、調査の結果、住宅内に特に多く見られ、人体に影響すると思われる揮発性有機化合物を指定しています。
  • ホルムアルデヒド
  • アセトアルデヒド
  • トルエン
  • キシレン
  • エチルベンゼン
  • スチレン
  • パラジクロロベンゼン
  • クロルピリホス
  • テトラデカン
  • フタル酸ジ-n-ブチル
  • フタル酸ジ-2-エチルヘキシル
  • ダイアジノン
  • フェノブカルブ

しかし、以上の物質が空気中の規定の濃度を超えたら、すぐシックハウス症候群になるとは限らず、他のいくつかの原因も関与しているとも言われています。

いずれにせよ、充分な換気や建築材料等の制限が快適に暮らす上でとても大事になってきます。

調査
検査
またより詳しく知りたい方は以下からお問合せ下さい。
お問合せ
ページトップへ