料金について

住宅建築に関わる費用

住宅を購入する際、様々な費用が発生します。
よく知られているのが工事費や住宅の代金ですが、実はそれ以外にも様々な費用が発生しています。
これはまとめて諸費用と呼ばれ、諸費用と言いながら、案外負担が大きいです。
さらにこの諸費用は基本的にローンの対象にならない事が多いので、現金での支払いが求められます。
実際諸費用というものには何が含まれているのでしょうか?
住宅建築に関わる費用

工事費用について

工事費用ってどんな内容なの?

工事費用とは、一般的に、「直接工事費」と「共通費(管理費、経費)」から成り、最終的には工事費全体に消費税額を加えた費用を支払います。

住宅建築会社からの見積明細には、専門用語が多くて、一般の人には分かりにくいものです。
また、 「○○一式工事 ○万円」と記載されていますが、これだけでは何にどれだけかかっているのか、費用の詳細が分かりませんね。

以下に簡単に図解しますので、参考にして下さい。

工事費用

設計監理費とは??

設計等にかかる費用、監理業務に関わる費用、また申請にかかる費用などを総称したものが設計監理費と呼ばれます。

直接工事費とは??

直接工事費に含まれるものは以下のような費用です。
 ・材料価格 (実際に住宅建築で使用される壁紙や床材等の材料、システムキッチンや洗面台などの設備価格)
 ・工賃 (労務費)
 ・使用する機械器具費 (リース機器なども含む)
 ・仮設材費
   (その工事にしか使わない足場や養生材などの費用。材料や廃材の運搬費、廃材の撤去・処分費もここに含まれる。)

共通費とは??

共通費には、
 ・「共通仮設費」 (工事のために利用する足場や養生材・シート等の費用)、
 ・ 「管理費※」 (住宅建築会社の経費)
が含まれます。
一般に、共通費は、工事期間が長くなると増加する部分です。

 ※管理費には、
   「一般管理費」 (住宅建築会社が行う企業活動のための経費)と、「現場管理費」 (建築工事現場のための経費)
  が含まれます。
ページトップへ

諸費用について

支払時期 内 容
売買契約締結時
  1. 手付金(売買代金の一部に含む)
  2. 印紙代金(不動産売買契約書に添付)
  3. 仲介手数料(仲介業者が介在する場合。不動産会社との取り決めによる)
ローン契約時
  1. 印紙代金(金銭消費貸借契約書に添付)
  2. 事務手数料
  3. 保証料
  4. 団体信用生命保険料
  5. 火災保険料
物件引渡時
  1. 登録免許税(所有権移転・所有権保存・抵当権設定)
  2. 司法書士手数料
  3. 仲介手数料(仲介業者が介在する場合。不動産会社との取り決めによる)
  4. 固定資産税、都市計画税精算金
物件購入後
  1. 不動産取得税
  2. 固定資産税、都市計画税(購入後毎年)
ページトップへ

信頼できる会社にまずはお問合せを!

地元の業者でよかった!

まずはお問合せを! このページに記載されているものはあくまで一例です。
すんでいる場所によっても費用は変わります。

悩む前にご一報下さい。
実績多数のサイトが分からないことやお悩みを解決します。

お問合せはこちらから
ページトップへ