燃費性能を考えたすまいづくりの流れ
燃費性能を考えたすまいづくりの流れ

事前準備

1. 情報収集
情報収集 「家づくり」には、専門的な知識やノウハウが必要です。
住まいづくりを始める前に、しっかりと情報収集を行いましょう。各種セミナー、住宅見学会も定期的に行われます。出席して情報収集するのも一つの手です。
セミナーのお申し込み
ページトップへ

依頼と契約

1. 建築の依頼・面談
建築の依頼・面談 まずは建築家の人と面談を行います。
面談と言っても、「家をこうしてみたい」などの要望等を伝える機会なので、
気軽に話してみてください。これによってあなたの家に最適な建築家を選びます。
納得いくまで予算や要望を相談して頂いたらいよいよ依頼となります。
家づくりに関わる契約等も行います。
見積同様、複雑な内容もございます。
わからない事が多々あると思いますが、聞き流さずに、
担当者にどんどん質問をし、間違いのないように契約しましょう。
またサイトでは土地の相談も受けていますので、お気軽にご相談下さい。
見積書と契約書の見方
2. 基本設計プラン作成
基本設計プラン作成 家づくりの希望、要望を実現的に話し合う機会です。
設計者・施工者が同席しますので、予算などの具体的な内容まで調整できます。
ご家族のご意見、ご要望を伺いながら、何度も設計作業を繰り返し、
ご家族みんなが笑顔で暮らせる家をご提案します。
サイトの考え方を取り入れ、長持ちする家づくりへの第一歩です。
これが終わると基本プランの概算見積ができます。
燃費性能を考えたすまいづくりへの想い
3. 法的手続き
具体的に設計が決まったら、役所への手続きなどを行います。
こういう場合どうしたらいいのか分からないなどの疑問にもしっかりサポート致します。
ページトップへ

実施

1.実施設計打ち合わせ
実施設計打ち合わせ 具体的な実施の打ち合わせを行います。
実際どのように設計から着工・完成まで進んでいくのかなども打合わせます。
あなたの思いがより具体的になってくる場面です。
2. 構造材の選定
実際に計画が進んでいったら、今度は素材選びです。
実際にあなたの家の柱などになる材料を見に行くことができます。
素材から確かめられるのでより家にこだわりを持てます!!
またサイトではその土地の建材を使うことで家の寿命を長くする工夫をしています。
ページトップへ

工事・施工

1.工事着手
地鎮祭では工事の安全祈願を行います。
また、近所へのご挨拶などもお忘れなく!
サイトでは日程調整からご挨拶までお手伝いさせて頂きます。

また、工事開始に伴う手続きについてもサポートしますのでご安心下さい。
2. 施工
いよいよ工事開始です。
選んだ構造材を搬入し、一気に組立てを行います。 施工中は、できる限り現場を確認して頂きたいと思います。
細心の注意を払い、一工程ずつ丁寧に仕上げます。
3. 検査
施工後に検査を行います。
施工して終わりではなく、さまざまな検査をすることによって、より安全な建築物になります。
主に配筋検査と金物検査を行います。
配筋検査とは、コンクリートを打ち込む前に、正しく鉄筋が配置されているかを調べるものです。
これは、建築物の強度や耐久性にかかわる重要な検査のひとつです。
また金物検査は、指定された場所に金物がちゃんと埋め込まれているかのチェックです。
これは、設計通りに金物がつながれていないと、耐震等に関わる大きな問題なので重要な検査です。
4. 上棟式
柱・梁などの基本構造が完成したところで、
これからの安全祈願と、家内繁栄を祈って上棟式を行います。
ご近所へのご挨拶も忘れずに。
5. 竣工
工事が終わりましたら完了検査を行います。
壁に傷や汚れが無いか、厳しいチェックをして頂き、
万が一不具合があればすぐに対応します。
ページトップへ

完成からアフターフォロー

1. 完成
全工程が完了しました。
お施主様にも完成したものを見ていただき、
ここで問題がなければお引き渡しを行います。
いよいよ新居での生活がスタートします。
この場所から沢山の笑顔があふれるように社員一同お祈りします。
  今までの実績
2. アフターフォロー
家づくりは建てて終わりではありません!
これからメンテナンス等を通して長いお付き合いとなります。
また実際に新居で生活されてから定期的に訪問を行い、お客様のご意見を頂戴します。
築年数が経って、必要になればリフォームを行います。
その際はなんなりとご相談ください。
  リフォームについて
ページトップへ